弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)を祀る神社です 橘樹神社(たちばなじんじゃ)

概要

概要

橘樹神社は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の后である弟橘媛(オトタチバナヒメ)を祀っている古い神社です。尊が東征中、荒れくるう海に身を投じて海神の怒りを鎮めたので、無事任務を遂行することができたといいます。社殿後方に弟橘媛の墓と伝えられる墳丘があります。そのため橘樹神社は「橘様(通称)」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。また橘樹神社社叢(しゃそう)は市の天然記念物です。

宮ノ下遺跡(市指定文化財)

昭和25年、本能中学校社会研究部により加曽利E式の深鉢土器が発見されました。橘樹神社は弟橘媛の伝説を持ち延喜式にのる社であることからも、単に縄文土器出土地のみでなく、その資料的価値は大きなものです。

お休み・料金
無休・無料
関連リンク
茂原市役所
所在地
茂原市本納738・739
交 通
JR本納駅から徒歩10分。JR外房線大網駅からバス茂原行き「橘樹神社」下車徒歩1分(平日のみ運行)。
車では圏央道「茂原北IC」より約15分、「茂原長南IC」より約25分。外房有料道路終点より約15分。
駐車場:普通車60台
連絡先
橘樹神社
TEL:0475-34-2400

フリーワード検索

カテゴリー

その他

ページトップへ戻る