中世山城の遺構を多く今もとどめている貴重な城跡 本納城跡

概要

室町末期(1529年)造営の山城の遺構。房州里見の支城でした。
天正18年(1590年)に徳川家の旗本の知行地となり廃城。本、中、下城址、削壁、抜穴、袋狭間、狼火台址等々、中世山城の遺構を多く今もとどめている貴重な城跡。「蓮福寺史跡」として市指定の史跡となっています。

関連リンク
茂原市役所
所在地
茂原市本納3106 蓮福寺
交 通
JR外房線本納駅から徒歩15分。
車では圏央道「茂原北IC」より約10分、「茂原長南IC」より約25分。外房有料道路終点より約10分。
連絡先
蓮福寺
TEL:0475-34-5996

フリーワード検索

カテゴリー

その他

ページトップへ戻る