下永吉の庚申供養塔

概要

概要

下永吉の庚申供養塔は高さ75.5cm、文久4年(1864年)作の新しいものですが、庚申の本尊である六臂の青面金剛が、宝剣と弓矢を持ち、足下に邪鬼を踏む図柄で、彫刻も優れています。台石には「見ざる」「聞かざる」「言わざる」の三猿が配してある典型的な庚申等です。江戸時代後期の庚申塔は「庚申」の文字のみで表されているものが多く、この塔のように造作の揃ったものは市内に少なく貴重です。

※青面金剛…帝釈天の使者。体色青く六臂を有し、手に宝剣・弓箭を執り、頭髪上を指し、一鬼を足下に踏む。後世道家の説と混ざって庚申の本体となる。

所在地
茂原市下永吉845-2
交 通
茂原長南ICから約20分
連絡先
茂原市教育委員会 生涯学習課
TEL.0475-20-1559

フリーワード検索

カテゴリー

その他

ページトップへ戻る