歴史・文化

「歴史・文化」を含む観光スポット一覧

茂原昇天教会

茂原昇天教会

昭和初期の端正な協会建築で、当初の姿をそのまま伝える趣きある建築物です。明治30年に茂原南原地区にある住宅に講義所が開かれて伝道が始められ、その後昭和8年新聖堂が落成。昇天協会と改正し、茂原昇天教会となり現在に至っています。貴重な建築様式など国登録有形文化財として登録されています。
円立寺の菩提樹

円立寺の菩提樹

この菩提樹はいつの頃からか一人の千願寺僧が寺を訪れ、携えて来た1本の杖を帰り際に門前へ突き刺していったものが、根付いて枝葉を出し、次第に成長し大樹になったと伝えられています。樹はシナノキ科に属する落葉高木で、枝分かれしてよく茂り、葉の先端裏側に灰褐色の毛が密生し、球形の身を結ぶ変わった習性で樹肌や葉で疣(いぼ)をこすると不思議によく癒ると言われています。
白鳥庫吉生誕の地

白鳥庫吉生誕の地

東洋史の開拓者として世界的に有名な白鳥庫吉は長谷で生まれました。千葉中学校に進学した庫吉は那珂通世(後千葉師範学校長)、三宅米吉(後帝室博物館総長)などの良師を得て、東洋史への目が開かれたと言われています。その論文や著書は『匈奴の起源』『満州歴史地理』『西域史研究』など極めて多く、庫吉の創設した東洋文庫は今でも東洋史研究者にとって貴重なものとなっています。
お馨さん(本名:石倉よし)の墓

お馨さん(本名:石倉よし)の墓

明治の文豪徳冨蘆花の短編「梅一輪」の主人公お馨さんの墓です。明治・大正期にかけて活躍した文豪徳冨蘆花の短編「梅一輪」の主人公お馨さん(本名:石倉よし)のお墓が箕輪妙楽寺の石倉家の墓地にあり、市指定史跡として保存されています。
東條一堂生誕の地

東條一堂生誕の地

東條一堂は安永7年(1778年)八幡原村に生まれ、父母は一堂を勉強させるために江戸へ転居。天明7年(1787年)亀田鵬斎の門に入って古学を、寛政5年(1793年)京都で儒学者皆川淇園に学び、江戸に帰ると29歳の頃から家塾を開きながらも勉学を続け大儒学者となりました。文化13年(1813年)に湯島聖堂の隣に移り、文政4年(1821年)には、神田お玉ヶ池に移転して「瑤池塾」と改名。門人3千余人、その中には、清川八郎を始めとする多くの志士や「近聖楼」高橋喜惣治などの郷土の有名人もいました。
真名天照大神社社叢

真名天照大神社社叢

西部丘陵地帯に位置し、スダジイを中心とした森林であるとともに、コクランが自生するなど貴重な自然林となっています。
石神貝塚

石神貝塚

石神神社参道の途中と社殿の東南隅に貝塚があります。明治25年(1892年)夏、鳥井龍蔵博士が学生であったころ付近の社寺を調査し、石神神社の境内で時の破片を発見。これを雑誌に発表し学会から注目されていました。昭和37年(1962年)夏、地元石神地区、市教育委員会後援によって東金高等学校考古学クラブ員により発掘調査され、多数の出土品を得ました。(茂原市立美術館・郷土資料館展示)
真名の上人塚

真名の上人塚

上人塚は真名カントリークラブのクラブハウスの南東端で、標高126mのところに位置しています。戦国時代、土気城主酒井小太郎定隆の改宗令のおり、この地の某寺の住職が改宗に応じないため、捕らえられてこの地に生き埋めにされた塚、あるいは真名村出身の学德高い名僧が入滅後葬られた塚であるとの伝説もあります。しかし外形的には古墳時代の山上方墳とも考えられますが未調査のため実態は不明です。
大沢の大椎

大沢の大椎

大沢新田、高石家の門前にあり樹齢約500年と推定されるスダジイ(ブナ科シイ属)の古木で、根周り12m、大人5〜6人が入れるうろがあり。目どおり7m、高さ12mあります。地上4mの処から三又に分かれ枝葉はこんもりと繁茂し、みみずくがここを住処としているほほえましい光景も見られますが、古木の毅然たる風格は時代の重みを物語っています。
蓮福寺の大公孫樹

蓮福寺の大公孫樹

樹齢約400年、目通り3.7m、枝葉は四方に繁茂し、幹の中央に樫(かし)の寄生木(やどりぎ)を抱え、枝間18mに及ぶ古木です。夏は細やかな緑陰を憩いの場に、秋深まれば樹下金繍を敷き、野だて、俳会の催しなど、地元との縁は浅からぬものがあります。この公孫樹は、蓮福寺の開祖・日遊上人によって植えられたものと伝えられています。

フリーワード検索

カテゴリー

その他

ページトップへ戻る